FC2ブログ

2020石川支部・冬季審査会☃️

1月26日、石川支部(古城忠支部長)は白山市の松任総合運動公園・啓武館において冬季審査会を行った。この日も暖冬の影響で例年ほど寒くはならなかったがそれでも気温一桁台の審査会場へ早朝より少年部と一般部の合わせて111名の受審者が集まり、昇級及び昇段を目指して頑張っていた。
最初に古城支部長より『これより冬季審査会を開始します。寒いですから怪我のない様に特に集中し、いつも以上に気合いを入れて頑張って下さい。』との挨拶があり審査会がスタートした。
基本では各技の正確性、移動では移動させた重心を突きや蹴りの威力を上げることに活かしているかどうか、型では型の三要素(技の緩急・力の強弱・息の調整)の意味をしっかりと理解し実践出来ているかどうか、体力では腕立て(拳立て)伏せ・ジャンピングスクワット・帯跳び・逆立ち歩行・股割り、その他にも気合いや返事の大きさや立礼をした際に適度に腰を折っているかどうか等も厳しくチェックされていった。
今回は同門で共に中学生の田中釉徠(押野)と永長諒太(押野)の二名が初段位取得を目指し昇段審査に挑戦した。ちなみに、この両名の師匠である安川千鶴先生も丁度三週間前の総本部の昇段審査に挑戦し見事参段位を取得している。それだけに今回この両名も無事に初段位を取得し師弟共々喜びを分かち合えるかどうか皆の注目と期待を集めた。
そんな中、逆立ち歩行の審査では田中も永長も多少練習の痕は伺えたものの残念ながら合格基準の四分の一程度しか進むことが出来なかったが、まだ二級の佐藤優羽(三馬)が安定感抜群の逆立ち歩行をみせ、一往復を見事完遂させた時には会場よりこの日一番の大きな拍手が沸き起こった。
そして、最後の組手審査では小学生グループ、中学生グループ、高校生以上グループの三手に分かれ総当たりのローテーションで行われることとなり、昇段受審の田中と永長は男女混合となった中学生グループの中で堅実な組手をみせて10人連続組手を危なげなく完遂させていた。
最後に古城支部長より総括で『個人差はありますが柔軟性と足技は年齢を重ねれば重ねる程、身に付けることが困難となってきます。出来るだけ早い段階で身に付けるように努めて下さい。』と話されると受審者全員が『押忍!』と大きな返事を返していた。そして、令和2年で初となった今審査会も大きな事故もなく無事に終了した。押忍
20200202183941972.jpeg
202002021839329ce.jpeg
202002021839236a3.jpeg
20200202183915df7.jpeg
20200202183907917.jpeg
202002021838533ef.jpeg
20200202183845cc1.jpeg
2020020218383647a.jpeg
スポンサーサイト



2020石川支部・新年合同稽古始め🎍

1月12日、石川支部(古城忠支部長)は白山市の松任総合運動公園・啓武館において新年恒例の支部合同の稽古始めを行った。今年は比較的暖冬とはいえ北陸特有の身を切られるような寒さの中、石川支部に所属するおよそ350名の道場生が極真石川の聖地ともいえる啓武館に集まり気合いを入れて稽古に励んでいた。
午前9時となり正面に古城支部長と各道場の責任者たちが横一列に並んで立ち、それと向き合う形で少年部、後方に一般部の道場生たちが帯順にきちんと整列し稽古開始を告げる太鼓が打ち鳴らされた。
稽古に先立ち、石川支部筆頭顧問の紐野義昭県議や古城支部長が年頭の挨拶をされたが、その中で古城支部長より『毎年この稽古始めで皆さんの元気な姿が見れて新年の挨拶が出来ることを大変嬉しく思います。今年も石川支部では年3回の大会と4回の審査会を行う予定です。皆さん各自がそれぞれ目標を持ち、実り多き年となりますことを心より願っています。今日も寒いですが気合いを入れて頑張りましょう。』と道場生たちに向け話されていた。その後、稽古が始まると古城支部長及び各道場の責任者たちが順々にゆっくり6本、気合い入れて20本で号令を掛け基本稽古の全ての技の稽古が行われた。その後、参加者全員で道場訓を唱和し稽古終了を告げる太鼓が打ち鳴らされて本年の新年合同稽古始めも滞りなく終了した。
最後の恒例の写真撮影でも古城支部長を中心に参加者全員が満足そうな表情をを浮かべて一枚の写真に収まっていた。またこの稽古始めの模様は翌日の地元の新聞紙にもしっかりと掲載され極真会館の活動を内外へPRするよい機会となりました。押忍


レポート:石川支部📝

202001161216197b8.jpeg
20200116121629a0f.jpeg
2020011612164334c.jpeg
20200116121655655.jpeg
20200116121704597.jpeg

第16回石川県空手道型選手権大会

2019第16回石川県空手道型選手権大会

・開催日時:令和元年12月8日(日)
・開催場所:松任総合運動公園文化体育館 啓武館
・主催:国際空手道連盟極真会館 石川支部
・後援:北國新聞社、テレビ金沢、あさがおテレビ
・出場選手数:281名(19クラス)




12月8日、石川支部(古城忠支部長)は今大会で第16回目となる石川県空手道型選手権大会を松任総合運動公園・啓武館で開催した。本大会は石川支部に所属する道場生のみで毎年開催されているが、今回も総勢281名もの選手が19クラスにエントリーし、日頃の稽古の成果を遺憾なく発揮させていた。
そして、この日も石川支部筆頭顧問の紐野義昭県議を始め、山田修路参議院議員、地元・白山市の山田憲昭市長、石地宜一市議、大口英夫先生といった顧問の先生方にも多数ご来場頂いた。また開会式では古城忠支部長が緊張した面持ちで整列する選手たちへ向け『選手の皆さんには見た人の心を打つような立派な型をして頂きたいと思います。そして、少しでも良い結果が得られることを心より祈念しております。頑張ってください!』と話されていた。
その後、これまでの本大会において7年連続で優勝している出口隼人(野々市南)が力強く選手宣誓を行って闘いの幕が切って落とされた。
閉会式では古城支部長より『入賞された選手の皆さんには今日の結果で満足することなく、地区大会、全国大会とさらに上の大会でも結果が出せるようにこれからも精進を続けて頂きたいと思います。期待してます。』と話され、2019年の石川県空手道型選手権大会も無事に終了した。
尚、今大会の会場にも募金箱が設置され収益金は災害義援金チャリティーとして日本赤十字社へ全額寄付されました。押忍



大会RESULT 🏆


◇幼年の部
優勝:宮村 蓮音(押野)
準優勝:木村 吏空(野々市南)
3位:宮川 明輝(無量寺)
4位:松柴 直央(野々市南)

◇小学1年生初級の部
優勝:上段 旺輝(野々市南)
準優勝:山岸 航(野々市南)
3位:中村 七音(野々市南)
4位:小林 月奈(野々市南)

◇小学2年生初級の部
優勝:寺田 貴紀(野々市南)
準優勝:長田 咲良(無量寺)
3位:稲川 国大(泉野)
4位:林 大貴(戸板)

◇小学3年生初級の部
優勝:山本 雄大(戸板)
準優勝:中川 虎汰(鶴来)
3位:市野 幹士(戸板)
4位:西田  海斗(加賀)

◇小学4年生初級の部
優勝:斉藤 照英(戸板)
準優勝:山本 凛(大浦)
3位:山田 宗司(大浦)
4位江口 颯亮(戸板)

◇小学5年生初級の部
優勝:園又 隆成(大浦)
準優勝:辻野 神楽(大浦)
3位:佐藤 圭剛(三馬)
4位:大川 愛介(加賀)

◇小学6年生初級の部
優勝:古川 祥(糸田)
準優勝:湊 花菜(小松)
3位:柘植 さくら(四十万)
4位:畦地 幸喜(小松)

◇中高生初級の部
優勝:喜多村 帆花(稚日野)
準優勝:本多 壱丸(笠間)

◇一般初級の部
優勝:北浦 稔典(蕪城)
準優勝:松柴 義人(野々市南)
3位:宮村 宗和(押野)

◇壮年初級の部
優勝:橋本 卓郎(県武)
準優勝:福嶋 寿彦(加賀)
3位:蛇好 茂幸(かほく)

◇小学1・2年生上級の部
優勝:水越 樹(糸田)
準優勝:石黒 司竜(糸田)
3位:河合 勇俐(糸田)
4位:吉本 真紀(糸田)

◇小学3年生上級の部
優勝:上段 結愛(野々市南)
準優勝:長尾 倖空(糸田)
3位:石黒 生竜(糸田)
4位:徳野 良哉(県武)

◇小学4年生上級の部
優勝:谷内 颯華(野々市南)
準優勝:永井 冬弥(野々市南)
3位:浦田 光将(糸田)
4位:荒井 乙仁(戸板)

◇小学5年生上級の部
優勝:矢原 青空(野々市南)
準優勝:宮村 凛音(押野)
3位:上段 奏太(野々市南)
4位:長戸 夢芽(野々市南)

◇小学6年生上級の部
優勝:松本 一亜(糸田)
準優勝:大竹 莉愛(野々市南)
3位:永井 惺(野々市南)
4位:聖川 夕稀(松任)

◇中学生上級の部
優勝:出口 隼人(野々市南)
準優勝:松本 瑞姫(鶴来)
3位:松本 琉(鶴来)
4位:井口 愛斗(野々市南)

◇高校生上級の部
優勝:野村 司(野々市南)
準優勝:安川 海空斗(押野)
3位:工藤 大和(無量寺)

◇一般上級の部
優勝:藤岡 さゆり(糸田)
準優勝:大竹 正陽(野々市南)
3位:古沢 清和(糸田 )

◇壮年上級の部
優勝:榎本 佳子(野々市南)
準優勝:茂野 麗恵(糸田)
3位:宮本 勝昭(糸田)
4位:川淵 秀一郎(十一屋)

20191210120031983.jpeg


2019121422313032a.jpeg
20191214223137391.jpeg
20191214223144c10.jpeg
20191214223151f3a.jpeg
20191214223159769.jpeg
2019121422320764f.jpeg
20191214223214f2c.jpeg
20191214223222a06.jpeg
2019121422323265f.jpeg

2019ワールドエリート空手道選手権大会

<大会名>  2019ワールドエリート空手道選手権大会
<開催日時>令和元年11月22日
<開催場所>武蔵の森 総合スポーツプラザ
<主催>   国際空手道連盟 極真会館
 
 
 
☆石川支部入賞者
・8歳女子の部 準優勝 上段結愛(野々市南)

20191127144201d34.jpeg

第19回福井県空手道選手権大会


<大会名>  第19回福井県空手道選手権大会
<開催日時> 令和元年11月10日(日)
<開催場所> 福井県越前市武道館
<主催>   国際空手道連盟極真会館 福井支部


☆石川支部の入賞者

◎型クラス
・小学1・2年生の部 準優勝 得永晴立(糸田)
・   〃      第3位  吉本真紀(糸田)
・小学3・4年生の部 第3位 久米田蒼真(糸田)
 
◎組手クラス
・小学1年生の部 優勝  藤元蓮心(蕪城)
・小学2年生の部 準優勝 山崎幸羽(糸田)
・    〃    第3位 水越 樹(糸田)
・    〃    第3位 柘植蒼太朗(四十万)
・小学5年生の部 準優勝 安部優助(鶴来)
・    〃    第3位 山内幸ノ介(四十万)
・小学6年生の部 準優勝 古川 祥(糸田)
・中学生の部   優勝  牧本朱生(苗代松陽)

以上、優勝が2名、準優勝4名、第3位5名でした。
201911121303189ab.jpeg


20191112130852b5e.jpeg
プロフィール

石川支部

Author:石川支部
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR