FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017第14回石川県空手道型選手権大会


12月3日、石川支部(古城忠支部長)は第14回石川県空手道型選手権大会を松任総合運動公園啓武館で開催した。本大会は石川支部に所属する道場生のみで毎年開催されているが、今年も総勢271名もの選手たちが14クラスに分かれエントリーし、日頃の修練の成果を遺憾なく発揮させていた。当日も北陸の冬ならではの寒い一日となったが広い会場内は多数の選手や関係者で埋め尽くされ、厳寒の寒さを吹き飛ばす様な大変な熱気に包まれていた。
また今大会にも石川支部筆頭顧問の紐野義昭県議、佐々木紀衆議院議員、山田修路参議院議員、宮本周司参議院議員、金沢市の高岩勝人市議、地元白山市の山田憲昭市長、石地宜一市議、大口英夫先生といった郷土を代表する方々に多数ご来場頂いた。そして、開会式では古城忠支部長より『本日は型大会ということで組手とはまた違った緊張感があると思いますが、これまで稽古してきた事を信じて失敗を恐れずに自信を持って型を演じて頂きたいと思います。皆さんの健闘を心より祈念しております。』とご挨拶された後、昨年の本大会では最高得点賞に輝き、今年8月の全日本型選手権大会でも準優勝という好成績を収めた松本一亜(糸田)が元気よく選手宣誓を行って闘いの幕が切って落とされた。
まず午前中に4コートで予選が行われ、各クラス毎に上位5名の選手が選出され、昼食休憩を挟み決勝がスタートした。
幼年(男女混合)の決勝は、予選では2位通過だった前田隼(糸田)が見事な平安その2の型を演じ19.5という高得点をマークし、予選1位通過で同じ平安その2の型を演じた上段旺輝(野々市南)を抑えて優勝を成し遂げた。
小学1年生男子の決勝は、予選でも1位通過を果たした長尾倖空(糸田)が決勝でも見事な平安その2の型を演じ20.5という高得点をマークし、文句なしの優勝を果たした。
小学2年生男子の決勝は、4名の選手が18.0の同点で並ぶという大混戦となったが、得失点差により予選でも1位通過だった杉山友悟(野々市南)が辛うじて優勝の栄冠を手にした。
小学1、2年生女子の決勝は、予選では2位通過だった上段結愛(野々市南)が20.0という高得点をマークし、同門で予選1位通過をしていた谷内颯華(野々市南)を抑えて優勝し3連覇を達成させた。
小学3年生男子の決勝は、予選でも1位通過だった上段奏太(野々市南)が力強い撃砕小の型を演じきり20.0をマークし、優勝して2連覇を成し遂げた。
小学4年生男子の決勝は、今大会で選手宣誓の大役も果たし予選でも1位通過の松本一亜(糸田)が大人顔負けの征遠鎮の型を演じ20.0をマークし、2位以下を大きく引き離して優勝し4連覇を達成させた。
小学3、4年生女子の決勝は、予選では2位通過だった長戸夢芽(野々市南)が華麗な撃砕小の型を演じ19.5をマークし、同門で予選1位通過で同じ撃砕小の型を演じた大竹莉愛(野々市南)を抑えて2年ぶり2度目の優勝を果たした。
小学5年生男子の決勝は、予選でも1位通過だった松本琉(鶴来)が気合いの入った撃砕小の型を演じ20.0をマークし、2位以下を大きく引き離して優勝し5連覇を達成させた。
小学6年生男子の決勝は、予選では2位通過だった髙澤和真(戸板)が力強い撃砕小の型を演じ19.5をマークし、嬉しい初優勝を成し遂げた。
小学5、6年生女子の決勝は、予選でも1位通過だった坂尻桃音(大浦)が安定感のある撃砕大の型を演じ19.5をマークし、2年ぶり2度目となる優勝を果たした。
中高生男子の決勝は、予選でも1位通過の出口隼人(野々市南)が中学生離れした五十四歩の型を演じ21.0という今大会での最高得点をマークし、優勝して6連覇を達成させた。
中高生女子の決勝は、予選でも1位通過だった松本瑞姫(鶴来)が安定感抜群の征遠鎮の型を演じ19.5をマークし、2位以下を大きく引き離して嬉しい初優勝を成し遂げた。
一般(男女混合)の決勝は、予選でも1位通過だった江戸裕梨(松任)が華麗でキレのある観空の型を演じ20.0の高得点をマークし、優勝して3連覇を達成させた。
最後のクラスとなった壮年(男女混合)の決勝は、予選では2位通過だった榎本佳子(野々市南)が華麗でしなやかな観空の型を演じ18.0をマークし、予選1位通過の増田香代子(押野)を抑えて念願の初優勝を成し遂げた。
そして、一昨年の本大会より設けられた最高得点賞(全てのクラスを通じて最高得点をだした者に贈られる賞)は中高生男子のクラスで素晴らしい五十四歩の型を演じて優勝した出口隼人(野々市南)へ贈られた。
そして、閉会式では古城支部長より『優勝した選手の皆さんは来年も連覇出来る様に、優勝出来なかった選手の皆さんも来年こそは優勝出来るようにと明日からまた一年間精進して下さい。今年は石川支部から国際親善大会と全日本の型の部で共に上位入賞者を出す事が出来ました。来年は優勝者を出せます様に、今後も大きな目標へ向かって更に稽古を続けて頂きたいと思います。』と話され、今年の石川県空手道型選手権大会も無事に終了した。
尚、今大会の会場にも募金箱が設置され収益金は東日本大震災・平成28年熊本地震災害の義援金として日本赤十字社へ全額寄付されました。押忍!

大会RESULT 🏆

◇幼年のクラス
優勝:前田 隼(糸田)
準優勝:上段 旺輝(野々市南)
3位:谷内田 武蔵(野々市南)

◇1年生男子のクラス
優勝:長尾 倖空(糸田)
準優勝:久米田 蒼真(糸田)
3位:松柴 青皇(野々市南)

◇2年生男子のクラス
優勝:杉山 友悟(野々市南)
準優勝:濱野 葵斗(無量寺)
3位:永井 冬弥(野々市南)

◇1、2年生女子のクラス
優勝:上段 結愛(野々市南)
準優勝:谷内 颯華(野々市南)
3位:宇野 心月(糸田)

◇3年生男子のクラス
優勝:上段 奏太(野々市南)
準優勝:田中 寛大(糸田)
3位:矢原 青空(野々市南)

◇4年生男子のクラス
優勝:松本 一亜(糸田)
準優勝:長原 樹大(糸田)
3位:永井 惺(野々市南)

◇3、4年生女子のクラス
優勝:長戸 夢芽(野々市南)
準優勝:大竹 莉愛(野々市南)
3位:聖川 夕稀(松任)

◇5年生男子のクラス
優勝:松本 琉(鶴来)
準優勝:古沢 凰牙(糸田)
3位:中村 燈向(野々市南)

◇6年生男子のクラス
優勝:髙澤 和真(戸板)
準優勝:谷口 椋晟(鶴来)
3位工藤 猛(無量寺)

◇5、6年生女子のクラス
優勝:坂尻 桃音(大浦)
準優勝:池村 姫杏(松任)
3位:田中 釉徠(押野)

◇中高生男子のクラス
優勝:出口 隼人(野々市南)
準優勝:長戸 来夢(野々市南)
3位:山田 樹(石川)

◇中高生女子のクラス
優勝:松本 瑞姫(鶴来)
準優勝:成田 朱里(野々市南)
3位上段 來花(野々市南)

◇一般のクラス
優勝:江戸 裕梨(松任)
準優勝:藤岡 さゆり(糸田)
3位:副田 拓弥(諸江)

◇壮年のクラス
優勝:榎本 佳子(野々市南)
準優勝:増田 香代子(押野)
3位:石川 晃(松任)


<入賞>
中村 七音(野々市南)、スウィーニー 蓮音(押野)、 田 悠馬(泉野) 、山本 健(野々市南)、浦田 光将(糸田)、荒井 乙仁 (戸板)、小林 莉子(野々市南)、藤井 羽乃(押野)、宇野 亜斗夢(糸田)、河合 琥太郎(糸田)、勝本 晃士郎(糸田)、宮本 光瞳(糸田)、礪波 虹七(松任)、仙崎 由菜(小坂)、岩原 彰星(泉野)、鈴見 青士(押野)、三浦 瑠天(苗代松陽)、牧本 朱生(苗代松陽)、橋場 優生(大浦)、喜多村 帆花(稚日野)、田中 陽葵(糸田)、工藤 大和(無量寺)、三池 朝希(無量寺)、礪波 未来(松任)、大竹 正陽(野々市南)、橋本 真悟(小松)、福田 外志恵(三馬)、杉山 将一(野々市南)


<最高得点賞>
中高生男子のクラス:出口 隼人(野々市南)






スポンサーサイト
プロフィール

石川支部

Author:石川支部
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。