FC2ブログ

2019極真祭


大会結果報告書
 
<大会名> 2019極真祭
<開催日時>令和元年8月24~25日
<開催場所>京都府立体育館
<主催>  国際空手道連盟 極真会館 
 
 
☆石川支部入賞者
 
【型】 
2019全日本型競技空手道選手権大会
・35歳以上女子の部 準優勝 榎本佳子(野々市南)
 
【組手】
2019全日本青少年空手道選手権大会
・8歳女子の部    優勝  上段結愛(野々市南)
・6歳男子の部   第3位 藤元蓮心(蕪城)  
・11歳男子-40㎏級  第3位 松本一亜(糸田)  
・11歳女子-40㎏級  第3位 聖川夕稀(松任)  
・12歳男子+50㎏級  第3位 大杉羅尉(苗代松陽)

20190827154950725.jpeg
201908271547535a1.jpeg
20190827154808535.jpeg
20190827154836404.jpeg
20190827154826f64.jpeg
2019082715484830a.jpeg
スポンサーサイト



2019石川支部・夏季審査会レポート🎆

7月28日、石川支部(古城忠支部長)は白山市の松任総合運動公園啓武館において夏季審査会を行った。この日も連日同様の真夏日となったが少年部63名、一般部9名の合わせて72名の受審者が集まり昇級及び昇段目指して頑張っていた。
開始前に古城支部長より『本日も大変暑い日となりましたので自分の出番でない時にはこまめに水分補給をして下さい。また、気分が悪くなったら遠慮なく近くにいる役員へ伝えて下さい。そして、自分の出番では暑さを吹き飛ばすくらいの大きな気合いを出して頑張って下さい!』と挨拶があり、審査会がスタートした。
基本では各技の正確性、移動では移動させた重心を突きや蹴りの威力を上げることに活かせているかどうか、型では型の三要素(技の緩急・力の強弱・息の調整)の意味をしっかり理解し実践しているかどうか、体力では腕立て(拳立て)伏せ・ジャンピングスクワット・帯跳び・逆立ち歩行・股割り、その他にも気合いや返事の大きさや立礼をした際に適度に腰を曲げているかどうか等も厳しくチェックされていった。
今回は中学三年生の野村敦一級(野々市南)がただ一人、昇段審査に挑戦したが前回の春季審査会より昇段の合格基準が大幅に引きあげられ、出題される型の範囲も広げられた他、総本部同様の筆記試験まで実施される中、野村君は与えられた課題を黙々と熟していった。
ちなみに、恒例の逆立ち歩行の審査で昇段受審の野村君からは練習の痕を殆ど感じとることが出来ずに終わり、昇級受審者からも出来た者は一人も出てこず、この項目での達成者は今回は残念ながら0名という結果に終わった。
そして、最後の組手審査で小学生上級グループと中学生以上グループの二手に分かれ、ローテーション形式で行われることとなり、その中で昇段受審の野村君が猛暑と足の怪我に耐えながらも必死の形相で10人連続組手を完遂させていた姿が印象に残った。
最後に古城支部より総括で『本日の審査会を視た率直な感想として、一般部の黄帯と少年部の緑帯はよく準備してきたと思います。ただ、茶帯の3名に関してはまだまだ準備不足と感じました。上の帯になればなるほど周囲からも当然厳しい目で視られる訳ですから、今後はいつ誰に視られても恥ずかしくないくらいにしっかりと準備した上で受審するようにして下さい。』と話されると受審者全員が『押忍!!』と大きな返事を返していた。そして、夏季審査会も大きな事故もなく無事に終了した。押忍
20190818192910bc4.jpeg
20190818192922d80.jpeg
201908181929294d6.jpeg
201908181929384fa.jpeg
2019081819294701f.jpeg
20190818192956341.jpeg
20190818193039c32.jpeg
20190818193053c3c.jpeg
20190818193103447.jpeg
20190818193113769.jpeg
プロフィール

石川支部

Author:石川支部
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR