FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018石川支部・新年合同稽古始め🎍

1月7日、石川支部(古城忠支部長)は白山市の松任総合運動公園啓武館において恒例の新年合同稽古始めを行った。まだ雪こそ少なかったものの北陸特有の身を切り裂かれる様な寒さの中、早朝より県下35の道場よりおよそ300名を超える道場生たちが極真石川の聖地ともいえる啓武館へ集ってきた。
午前9時となり正面に古城支部長、守友副支部長、伊佐治副支部長、そして各道場の先生方が横一列に並んで立ち、それと向き合う形で少年部、後方に一般部の道場生たちがきちんと帯順に整列し2018年の稽古開始を告げる太鼓が打ち鳴らされた。
まず稽古に先立ち、石川支部筆頭顧問の紐野義昭県議、元文部科学大臣・馳浩衆議院議員、地元白山市の大口英夫先生、最後に古城忠支部長が冒頭で新年のご挨拶をされた。その中で古城支部長が『新年明けましておめでとうございます。本年もこうして稽古始めで皆さんの元気な顔を見ながら新年のご挨拶が出来ます事を大変嬉しく思います。今年も皆さんと皆さんのご家族に大きな怪我や病気などがなく健康で明るく充実した一年となります事を心より祈念しております。』と話されると参加者全員から『押忍!!』と大きな返事が返されていた。
さて稽古が始まると古城支部長からスタートし、江戸先生、伊佐治先生、安川先生、戸田先生、喜多先生、宍戸先生らが順々にゆっくり6本、気合い入れて20本で号令をかけ、基本稽古の全ての技が行われていった。そして稽古の最後には守友副支部長の号令により参加者全員で道場訓を唱和し稽古終了を告げる太鼓が打ち鳴らされ、本年の新年合同稽古始めも滞りなく終了した。
最後に毎年恒例の写真撮影会では古城支部長を中心に参加者全員が充実感と満足感に充ち満ちた表情を浮かべながら一枚の写真に収まっていた。また当日は地元の新聞社も取材に訪れ極真会館石川支部の活動を内外へアピールするよい機会にもなりました。押忍 !


レポート:石川支部📝



スポンサーサイト
プロフィール

石川支部

Author:石川支部
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。