スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年度、石川支部合同新年会

1月23日、石川支部(国本武市支部長)は毎年恒例となる石川支部合同新年会を開催した。この日の金沢市は今季最大級の大雪に見舞われてしまったがそれでも道場生と後援会員の凡そ100名が集まり盛大に執り行われた。会場となったのは石川支部後援会の干場篤会長が経営される『せん金沢駅前店』でここは金沢駅の直ぐそばで新鮮な魚介類や加賀野菜をふんだんに使った料理を食べられるスポットとして知られ観光客からも人気の高いお店である。
午後6時半となり干場篤会長、筆頭顧問・紐野義昭県議、財務副大臣・岡田直樹参議院議員、高岩勝人市議、そして国本支部長が順々に御挨拶された。その中で国本支部長は『お陰様で石川支部の会員数も800名に達しました。そして昨年末には江戸崇真君が全関東大会で準優勝という好成績を残すなど、石川支部は着実な成長を遂げております。2016年も更なる発展を果たす為にも皆で一致団結してまた頑張りましょう!』と力強く挨拶された。
その後、東貞昭相談役の乾杯の音頭で会がスタートし途中、古城・守友両副支部長、道場責任者、黒帯、その他有望な道場生からも今年一年の目標や抱負などが語られた。そして宴もたけなわとなったところで諸橋茂一副会長が中締めの挨拶を行ない、今年の石川支部合同新年会も滞りなく終了した。押忍!


レポート:石川支部
スポンサーサイト

2016石川支部・新年合同稽古始め。

1月10日、石川支部(国本武市支部長)は白山市の松任総合運動公園啓武館において新年恒例の支部合同稽古始めを行なった。今年は暖冬により平年より幾分暖かい中での稽古始めとなったが県下約40の道場より凡そ400名の道場生が集まった。
AM9時となり正面に国本支部長、古城副支部長、守友副支部長、各道場の責任者が横一列に並んで立ち、それに向き合う形で道場生全員がきちんと整列し稽古開始を告げる太鼓が鳴らされた。そして稽古に先立ち、石川支部筆頭顧問・紐野義昭石川県議会議員、財務副大臣・岡田直樹参議院議員、小川義昭白山市議会副議長、最後に国本支部長が冒頭でご挨拶をされ、その中で『今年一年、皆さんに大きな怪我や病気がない事を心より祈念致します。そして、ここで一度初心に立ち返り謙虚な気持ちで今年一年もしっかりと稽古に励んで下さい。』と話されていた。
その後、昨年末に埼玉県で行われた秋季全関東大会に単身乗り込み、一般部の中量級で準優勝という快挙を成し遂げた江戸崇真(松任)が紹介され、その江戸は今後の目標として『6月の全日本ウェイト制の中量級で優勝出来る様に頑張ります!』と皆の前で力強く宣言していた。
さて、稽古が開始されると国本支部長が自ら号令を掛け基本稽古から行われ、その後、深呼吸を挟みつつ移動稽古と型稽古も行われた。最後は参加者全員で道場訓を唱和し稽古終了を告げる太鼓が打ち鳴らされ本年の新年合同稽古始めも滞りなく終了した。
その後、毎年恒例の写真撮影会となり国本支部長を中心に参加者全員が満足そうな表情を浮かべて一枚の写真に収まっていた。また当日は北國新聞社とテレビ金沢も取材に訪れ極真会館石川支部の活動を内外へPRするよい機会にもなりました。押忍!


レポート:石川支部
プロフィール

Author:石川支部
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。