fc2ブログ

2024石川支部・冬季審査会レポート❄️

1月21日、石川支部(古城忠支部長)は金沢市の石川県立武道館において冬季審査会を行った。
これまで長きに渡り審査会場となってきた松任総合運動公園・啓武館は現在、能登半島地震の避難所として使われている為、急遽石川支部の審査会としては初めてこちらの会場が使われ、不慣れな場所とはなったがそれでも昇級及び昇段を目指して91名の受審者が集まってきた。
開会前に古城支部長の号令で関係者全員が能登半島の方角を向いて約1分間の黙祷を行い、その後、支部長より『通常ならば新年明けましておめでとうございます…で始めたいところなのですが、今年は皆さんもご承知の通り、元日に能登の方で大地震があって既に200名以上もの犠牲者が出ており、とてもおめでとうございますと悠長に言える様な状況ではなくなっております… その為、今回の審査会も延期もしくは中止という判断も頭を過りましたが、不幸中の幸いと言いましょうか申し込みのあった受審者の中に被災された方が一人もいなかったという事で場所を変えながらも本日開催する運びとなりました。』と能登半島地震で甚大な被害に遭われた方々に気遣われつつ本日の審査会開催の経緯も簡潔に説明され、審査会がスタートした。
基本審査では一つ一つの技の正確さ、移動審査では腰の高さや手・足・気合いのタイミングが合っているかどうか等、型審査では型の三要素(技の緩急・力の強弱・息の調整)をちゃんと実践出来ているかどうか、体力審査では腕立て伏せ(一般部は拳立て伏せ)・ジャンピングスクワット・帯跳び(昇段受審者で希望者のみ棒跳び)・逆立ち歩行(約10mの距離)・柔軟(股割り、足掛け)、更に昇段受審者には筆記試験も行われ、道場訓・極真の精神・極真の理念・押忍の意味・空手の定義・型の三要素などをちゃんと覚えているか等も厳しくチェックされていった。
今回は、柘植蒼太朗(四十万)、宮村蓮音(押野)、住一樹(押野)、北出彩乃(稚日野)、南圭音(押野)の5名が昇段審査に挑戦したが、体力審査の帯跳びでは柘植蒼太朗、住一樹、南圭音の3名は敢えて困難な棒跳びを選択し、全員が見事成功させていた。
ただ、逆立ち歩行では宮村蓮音がただ一人だけノーミスで一往復を成功させるとこの日一番の大きな拍手が沸き起こった。
その後、自ら望んで逆立ち歩行に挑戦した昇級受審の林大貴3級(戸板)、水口璃久4級(浅野町)、前田啓輔5級(大浦)の3名も揃って一往復を成功させ審査員たちを感心させていた。
そして、最後の筆記試験の前に組手審査が行われ、3チームに分かれローテーション形式で10本を行い、後半はまさに試合さながらの激しい打ち合いも見られる中、大きな事故もなく無事に終了した。
最後に古城支部長からの総評で『本日、久しぶりに皆さんの元気な姿を拝見することが出来て大変嬉しかったです。それと、審査会の冒頭の挨拶で一つ言い忘れておりましたが、今のところ私の耳に届いている範囲内で石川支部の関係者で能登半島地震の被害に遭われた方がいたとは聞いておりません。ただ、我々石川支部としても能登の方には今後出来得る限り、何らかの支援を行っていきたいと考えております。兎に角、こんな時だからこそ、日頃鍛えた極真精神でこのピンチを共に乗り越えて参りましょう!!』と力強く話され、2024冬季審査会も滞りなく終了した。押忍
20240203143349d12.jpeg
20240203143356396.jpeg
20240203143403eea.jpeg
20240203143410f5c.jpeg
20240203143425caf.jpeg
20240203143514074.jpeg
202402031435502cb.jpeg
20240203143417937.jpeg
20240203143433f1e.jpeg
20240203143503690.jpeg
20240203143523cb9.jpeg
20240203143531776.jpeg
20240203143557a45.jpeg
20240203143442bae.jpeg
2024020314344957d.jpeg
20240203143541f48.jpeg
スポンサーサイト



2023西日本空手道選手権大会

 
2023西日本空手道選手権大会
令和5年12月10日(日)
京都市武道センター
 
石川支部入賞者一覧
【型】
小学3,4年初級 優勝 水口稔梨(浅野町)
 
【組手】
小学5年生男子-35㎏級 第3位 得永湊人(高岡)
小学5年生男子-35㎏級 第3位 小塩斗雅(加賀)
中学2・3年生男子-55㎏級 準優勝 河口温音(加賀)
中学生女子 第3位 吉本沙紀(高岡)
高校生男子 優勝 牧本朱生(苗代松陽)

2023121409494183a.jpeg
20231214095024154.jpeg
20231214095031959.jpeg
20231214095041400.jpeg
20231214095049528.jpeg
20231214095206505.jpeg

2023長野県空手道選手権大会 臥龍魂杯

<大会名>2023長野県空手道選手権大会臥龍魂杯
<開催日時>2023年10月22日(日)
<開催場所>長野運動公園柔道場
<主催>国際空手道連盟 極真会館長野支部

☆石川支部入賞者
【組手】
小学3年男子の部  優勝  
 西村織叶(押野)
小学6年男子の部  優勝  
 山﨑幸羽(高岡)
小学5・6年女子の部 準優勝 
 吉本真紀(高岡)
高校生男子の部   優勝  
 牧本朱生(苗代松陽)

以上。

20231024230001934.jpeg
20231024225713683.jpeg
20231024225850589.jpeg
2023102422590499b.jpeg
20231024225946d0e.jpeg

2023石川支部・秋季審査会レポート🍁 

10月1日、石川支部(古城忠支部長)は白山市の松任総合運動公園啓武館において秋季審査会を行った。
既に常態化しつつあるコロナウィルスの感染に加え、季節外れのインフルエンザの流行も相まって、この日も何名かの欠席者が出る中、それでも昇級及び昇段を目指して86名の受審者が集まってきた。
開会時に古城支部長より『これより秋季審査会を始めます。本日も怪我をしない様に集中して頑張って下さい。』と簡潔なご挨拶の後、審査会がスタートした。
基本審査では一つ一つの技の正確さ、移動審査では腰の高さや手・足・気合いのタイミングが合っているかどうか等、型審査では型の三要素(技の緩急・力の強弱・息の調整)をちゃんと実践出来ているかどうか、体力審査では腕立て伏せ(一般部は拳立て伏せ)・ジャンピングスクワット・帯跳び(昇段受審者で希望者のみ棒跳び)・逆立ち歩行(約10mの距離)・柔軟(股割り、足掛け)、更に昇段受審者には筆記試験も行われ、道場訓・極真の精神・極真の理念・押忍の意味・空手の定義・型の三要素などを覚えているか等も厳しくチェックされていった。
今回は、徳野良哉(県武)、高橋綾都(額)、杉山将一(野々市南)、杉山友悟(野々市南)の4名が昇段審査に挑戦したが、先ずは体力審査の帯跳びで全員が棒跳びを希望し、4人揃って見事に成功させると支部長を始め審査員たちを感心させていた。
ただ、逆立ち歩行では徳野良哉のみが唯一成功させるも後の3人がそれ程進むことなくあっけなく失敗に終わり、更に腕立て伏せとジャンピングスクワットの審査においては成功者なしという残念な姿を視た古城支部長は『極真空手で強くなる為にはフィジカルの要素が絶対に必要です。そのフィジカルを身につけさせる為に毎回この体力審査を行っているのですから、少なくとも昇段審査に挑戦を決めた時点からは毎日コツコツとやって強化させておいて下さい。そして、ある程度他人に見せれる様になった段階で昇段挑戦を申し出て下さい。』と厳しい言葉も投げかけられていた。
その後、自ら進んで逆立ち歩行に挑戦した昇級受審の諸谷榮琉2級(中奥)と水口璃久5級(浅野町)が揃ってノーミスで一往復を成功させるとこの日一番の大きな拍手が沸き起こった。
また、審査開始時より一際大きな気合いや返事を発していた藤野獅導6級(松任)のことを審査員が賞賛する一コマも見られた。
そして、昇段の筆記試験の前に組手審査も行われ、3チームに分かれローテーション形式で10本行われたが、後半はまさに試合さながらの激しい打ち合いも見られる中、大きなアクシデントもなく無事終了した。
そして、最後の総評で古城支部長より『今年の体重別全日本と極真祭の前日に行われた型講習会に参加した際、アルトゥール師範と安島支部長が型の実演をしてくれましたが、姿勢がよく、技にキレもあり、何より動きに無駄がなく大変上手でした。組手で強くなる為にはやはり型の稽古が大切なのだと私自身、再認識させられる思いでした。来月は支部主催の型大会を開催しますので、皆さんも勝つ為というより、更に強くなる為に型の稽古にもしっかりと取り組んで下さい!』と話され、2023秋季審査会も滞りになく終了した。押忍

202310140952124d6.jpeg
2023101409522454a.jpeg
202310140952319c0.jpeg
202310140952427b0.jpeg
202310140952542e1.jpeg
20231014095309209.jpeg
202310140953202ec.jpeg
202310140953272df.jpeg
20231014095338e3d.jpeg
2023101409534978e.jpeg
20231014095357e79.jpeg
202310140954056e9.jpeg
202310140954178b0.jpeg
20231014095425023.jpeg
プロフィール

石川支部

Author:石川支部
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR